トップ / ミネラルファンデーションのメイク直し

ミネラルファンデで肌ケア

ミネラルファンデーションのメイク直し

ミネラルファンデーションの化粧崩れを直す

通常メイクをするときは、肌の状態に気を遣って行うことが多いのに、メイク直しは意外と気を遣わずにさっと終わらせてしまう傾向にあります。メイクが崩れてしまった小じわの部分など、気になる部分にそのまま重ね塗りしてしまったりすることが多いのではないでしょうか。

敏感肌の人の場合、普通肌の人よりもメイク直しについても気を遣う必要があります。
肌に炎症が起きやすいため、肌のダメージが大きく老化が早く進行してしまうことが多く、そのためシワやシミができやすいためです。

シワやシミが気になると、その部分だけミネラルファンデーションを重ね塗りしてしまうという方法をとってしまいがちですが、その方法がさらに肌にダメージを与える可能性もあります。

敏感肌で、乾燥がひどい場合などは乳液を使う化粧直し方法がおすすめです。乳液を少量だけ化粧崩れの気になる部分だけにつけ、軽く拭き取ったあと、ミネラルファンデーションを付けます。乳液を使うことで、肌へのダメージを防ぎ、重ねづけにならないようにメイク直しができます。

同様に保湿ミストを使用する方法もあります。ただし、保湿ミストの場合は、水分をそのまま放置しておくと、その水分が蒸発する際に肌の水分も奪ってしまうため、軽くティッシュオフするなどの対策が必要です。

シワが気になってくると、ついファンデーションを厚塗りにしてしまいがちですが、パール入りのハイライトが有効です。光を集めて、シワ部分を目立たなくすることができるのです。

敏感肌の人の場合は、パール感のあるミネラルファンデーションやミネラル成分のみで作られているパウダーをハイライトとして使うことも、肌のダメージが少なくなるので有効です。