トップ

ミネラルファンデで肌ケア

30代は低刺激のミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションで肌をいたわる

ファンデーションは一度肌にあって気にいると同じものを使い続ける傾向にある人が多いと思います。しかし、30代に入ると、肌に合っているはずなのに、かゆみやかぶれなどの肌のトラブルがでてきてしまって、ファンデーション選びに悩むことがでてくるのではないでしょうか。もしかしたら、ファンデーションが肌に合わなくなってきている可能性も考えられます。

肌にかゆみやかぶれなどが起きやすい敏感肌は、主に肌の乾燥が原因で起こります。加齢により、肌に保水力がなくなることもそうですが、それ以外にもホルモンバランスの変化や生活習慣、食習慣の乱れ、ストレス、そして、肌に合わない化粧品などを使うことによることでも肌の乾燥が起きてしまいます。

肌の乾燥は、肌のバリア機能を低下させるため、少しの刺激でも過敏に反応するようになり、敏感肌となるのです。

ファンデーション選びにおいても、肌に優しく低刺激なものを選ぶ必要があります。ファンデーションにはパウダー、リキッド、クリームなど多くの種類があります。また、肌にやさしいと言われている、ミネラルファンデーションを選ぶのも選択のひとつです。ミネラルファンデーションのことならこちらのサイトをご覧ください。

ファンデーションなので、紫外線などの外的刺激から肌を守ることも必要ですし、シミなどをカバーするカバー力もある程度必要です。そして、さらに低刺激で肌の負担が少ないということも重要になります。

自分自身がファンデーションに何を求めるかによってもどのファンデーションを選択するかが違ってきますが、30代ともなると肌のシミが気になってきたりするので、ある程度のカバー力は欲しいところです。肌の乾燥を防ぐためには、保湿力の強いファンデーションも選択肢に入れたいですね。そうは言っても、肌は敏感になってしまっているので、肌への負担が少ないものを選ぶことも必要です。

カバー力や保湿という観点では、美容液ファンデーションなどのリキッドやクリーム状のものが良いとされますが、リキッドやクリームのファンデーションは、含まれている油分が多いため、クレンジングの際に肌にダメージを与えやすくなってしまいます。

敏感になっている肌に、さらにダメージを与えるのはよくないので、やはりパウダー状のミネラルファンデーションが良いでしょう。

ミネラルファンデーションは、元々医療の現場で、肌の治療後にすぐに使えるように開発されたものなので、肌への優しさは折り紙つきです。天然の鉱物を使用しており、主に使われる成分は酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、マイカが挙げられます。このようなファンデーションなので、肌への負担は、様々なファンデーションの中でも、最も少ないと言ってもよいでしょう。

ミネラルファンデーションは、色々な特徴を持っています。まず、石鹸で簡単に落とすことができるので、クレンジング時の肌への負担が少なくて済むこと。そして、パウダーなので、界面活性剤・シリコン・油分・アルコール・防腐剤を使用していないという点も特徴です。

また、ミネラルファンデーションは、低刺激だけでなく、UVケア効果もあり、さらにカバー力もある程度兼ね備えているので、気になるシミなどをカバーできて、さらに低刺激という、この上ない特徴をもったファンデーションだといえます。

ミネラルファンデーションはつけた感じも自然なのも魅力のひとつでしょう。やはり、使いやすさ、肌への優しさを考えて、ミネラルファンデーションを選ぶのが得策と言ってよいのではないでしょうか。